こんにちは、支援員Sです。

今月は、会員N様のお話しです。
N様はご主人様に先立たれたあとの一人暮らしが不安になり、昨年の夏に近くの有料老人ホームへ入居されました。その際に身元保証人が必要となり、きずなの会に入会されました。周囲の方に比べお元気で、介護の必要がなかった事もあるせいか、施設の生活になかなか慣れることができず悩んでいらっしゃいました。半年ぐらい経った頃、「実は生まれ故郷に帰りたい気持ちが強くなっている。」と打ち明けてくださいました。
「10年前に見学に行き、気に入った施設があるの。」とも打ち明けてくださいました。
故郷に帰りたいというN様の思いを叶えるため、新しい施設や身元保証人探し(きずなの会の事務所が近くにないため)、現在入居中の施設の退去手続き、ご自宅の片付け、売却などの支援を行いました。N様の体力が心配でしたが、立ち合いや荷作りを手伝っていただきました。大変でしたが、引越し業者を頼む頃には、段々と表情も明るくお元気になってきた感じがしました。
故郷の施設に移ってから数日後、「ありがとう。とても良い所よ、一度遊びにきてね。」とお電話をいただきました。施設や新しい身元保証人の方もよくやってくれるとお聞きし、安心しました。そして何よりもN様が明るくお元気になられている事がとても嬉しく思いました。

これからも、会員お一人、おひとりの気持ちをお聞きし、その方の思いにあった支援をしていけるよう、心がけていきたいと思います。

***** きずなの会支援事業のご案内 *****
身元保証
入院・転院、施設入所、住宅入居など、ご親族に代わり、きずなの会が身元保証人になります。詳しくはこちら
生活支援
病気・ケガなどの緊急支援をはじめ、日常の生活支援を行います。詳しくはこちら