支援員のKです。

東三河のご自宅にお一人住まいのN様は、若輩者の私たちがお手本にさせていただくべき明るくお元気な女性会員様です。
ご自宅で怪我をされたことをきっかけに、見守りの目がある施設で生活したいと希望されました。
西三河にある、お元気な方々が生活する施設に入居が決まり、ご自宅を処分し引越しをされました。
今までは豊橋支局が万一の場合の緊急連絡先となっていましたが、引っ越されてからは、より近い豊田支局からご支援をすることとなりました。
豊橋支局の職員と豊田支局の職員がN様を訪問し、支援引継のご挨拶をさせていただきました。

きずなの会は事務所が複数地域にあるため、例えば、豊橋市から浜松市の施設に入所された場合や、名古屋に移られた場合にも、浜松市や名古屋市の事務所から継続してご支援をすることができ、会員様には安心していただいています。
また、各事務所の職員同士は顔を合わせる機会が都度ありますので、例えば「Nさんはお変わりないですか」と豊田支局職員に尋ねることもでき、私共支援員も安心して支援事務所の変更をすることが出来ます。

後日、N様からは「心強い(豊田支局の)支援員さんのご紹介にあずかり安堵いたしました」というお手紙をいただきました。
N様の優しい笑顔を思い出し、今後もはつらつとした毎日をお過ごしいただきたいと豊橋支局より願っています。

***** きずなの会支援事業のご案内 *****
身元保証
入院・転院、施設入所、住宅入居など、ご親族に代わり、きずなの会が身元保証人になります。詳しくはこちら
生活支援
病気・ケガなどの緊急支援をはじめ、日常の生活支援を行います。詳しくはこちら