支援員のJです。

入職して1週間が経ち、先日 初めて緊急支援の要請を受けました。
緊急支援と聞き、緊張で心拍数が上がる私でしたが、「安全運転、安全運転」とつぶやきながら焦る気持ちを落ち着かせ病院に到着。
まだ診察前でしたので、ご本人にご挨拶することができ、意識もしっかりされていたので、まずは一安心しました。
施設職員様から引継ぎを受け、会員様の表情などを注意深く窺いながら、自己紹介を兼ねてコミュニケーションをとりました。とても穏やかな方で、病院にいるのにまるで自宅で会話をしているような感じでした。診察結果は今すぐ入院ではなく、「念のため後日詳しい検査をしましょう。」とのことでしたので、その日は施設へ戻ることになりました。すぐに施設の方に連絡し病院へ迎えに来ていただき、検査結果を報告して、初めての緊急支援を無事終えました。

事務所に戻る間に『あの対応は大丈夫だったのか?不安な気持ちにさせなかっただろうか?』と自問自答しながら、緊急対応の大切さ等を感じる一日でした。

***** きずなの会支援事業のご案内 *****
身元保証
入院・転院、施設入所、住宅入居など、ご親族に代わり、きずなの会が身元保証人になります。詳しくはこちら
生活支援
病気・ケガなどの緊急支援をはじめ、日常の生活支援を行います。詳しくはこちら