支援員のIです。

ご自宅でひとり暮らしをされている会員K様のお話です。
現在K様は、昔の出来事は覚えているようですが、少し前に起きたことはスッカリ忘れてしまうことが増えてきました。日々の投薬管理もご自身では難しくなり、生活費の管理も困難な状況で短期記憶に関してはお手伝いが必要になります。
体力は問題なく、足腰もしっかりしているので、庭で花の世話をすることを日課とされ、楽しんでおられます。花の話をするK様はとても生き生きとした表情になります。

ケアマネを含む介護サービス関係の皆様が、K様のよりよい在宅生活のために常に考え、周囲の理解と協力を得られるよう動いて下さっています。
きずなの会も、関係者皆様と連携を密にし、K様が可能な限り在宅で、お花の手入れが続けられるよう、見守っていきたいと思います。

***** きずなの会支援事業のご案内 *****
身元保証
入院・転院、施設入所、住宅入居など、ご親族に代わり、きずなの会が身元保証人になります。詳しくはこちら
生活支援
病気・ケガなどの緊急支援をはじめ、日常の生活支援を行います。詳しくはこちら