支援員のSです。

平成31年4月27日から令和元年5月6日までは皇位継承に伴う10連休がありました。きずなの会では支援員のシフト制を導入し、緊急対応に備えていましたが、連休前から気持ちが落ち着きませんでした。私が担当する会員様の中には体調が思わしくない方もみえ、色々考え始めると心配が増すばかりでした。

連休中、春日井支局では最高齢の会員K様が、106歳でご逝去されました。契約を交わしたのはK様が97歳の時で、サングラスをかけられ、とてもオシャレな方だと感じましたが、あれから9年に渡る長いお付き合いでした。
大正、昭和、平成、令和と4つの時代を生き抜いてこられたK様は、毎年バースデイカードが届くのを楽しみに待っていらっしゃいました。
もうお渡しできないと思うと、とても寂しく残念な気持ちになります。

K様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。