支援員のIです。

今回は70代会員A様のお話です。月に一度、整形外科へ受診支援をしています。
受診日にA様の入所先施設へうかがうと、私に気づかれたA様は、遠くからでも満面の笑顔で迎えてくれます。
A様は楽しかったこと、色々な人にお世話になり恩を感じたこと、また後悔していることなど、たくさん話をされます。外出先では知り合いの方に偶然出会うことがあり、また多くの方々からも声をかけられます。また施設に戻ると、入居者の皆さんから「おっ!Aさんお帰り!」と迎えられます。そうした様子を見ていると、A様の温厚な人柄を感じ、私まで温かな気持ちになります。
人生においての大先輩であるA様と接することで、私自身も学ばせて頂くことがたくさんあります。次回の受診支援は平成最後の師走。次はどんなお話が聞けるのか今から楽しみです。