支援員のGです。

今回はデイサービスを利用しながら一人暮らしをされているA様のお話です。
A様の楽しみは、天気の良い日に自宅の周囲を散歩することです。先日のこと、デイサービスのスタッフの方に「散歩中に自分のいる場所が何処なのか分からなくなり、随分歩いてしまった。」と話したそうです。この話しを聞いたケアマネジャーさんから、「きずなの会で携帯電話契約のお手伝いをして欲しい。」と依頼がありました。ご高齢のA様は携帯電話を利用されたことがありませんが、万が一迷子になった際、探す手段のひとつとして携帯に搭載されているGPS機能を使いたいとのご要望でした。いざ携帯電話の契約をするとなると、機種も料金も様々で、予算制限もあるため、市役所の担当者に相談しました。すると、役所の方が「徘徊高齢者家族支援サービス※としてGPSのレンタル援助制度があります。」と教えてくださいました。さっそくケアマネジャーさんと相談し、GPSを利用することにしました。結果、携帯電話より利用料を大幅に節約することが出来ました。そして何より、A様は今までどおり天気の良い日に散歩を楽しむことが出来るようになりました。

きずなの会は会員様の生活に寄り添い、できるだけ金銭的な負担を軽減するため、色々な角度から支援をさせていただきます。

※サービスの内容は自治体によって違います。
利用を希望される方は、お住まいの自治体にお問い合わせください。