支援員 Kです。

今日は会員S様のお話をさせていただきます。
S様は90歳代。2ヶ月半の入院を経て退院許可が出ました。これまではおひとりで在宅生活をされていましたが、退院後は在宅生活が難しいとのことで病院様からご相談がありました。そこで、S様はご入院中にきずなの会と契約をされ、当会が身元保証人となり、退院と同時に施設入所をされました。 
入所されてからS様はずっとご自宅のことを気にされていました。持ち家でしたがもう戻れないので自宅を早く売りたいとご相談があり、売却のお手伝いをさせていただきました。後日、不動産屋より買主が見つかりましたと連絡がありS様にお伝えすると大変喜んでおられました。決済当日には必要書類を取得し同席させていただきました。売却手続きは無事終了。終了後、S様を施設にお送りし、住所変更等手続きのため役所へ。S様に役所での手続きが完了したことをお伝えすると「ありがとう。きずなの会はほんまに仕事が早いわ。一人やったらここまでできなかった。もう心配事がなくなったから100歳まで、いや後10年は生きたいわ。」と笑顔でお話をされていました。
ご本人様には110歳とは言わずに、長寿世界一を目指していただきたいと思っています。

***** きずなの会支援事業のご案内 *****
身元保証
入院・転院、施設入所、住宅入居など、ご親族に代わり、きずなの会が身元保証人になります。詳しくはこちら
生活支援
病気・ケガなどの緊急支援をはじめ、日常の生活支援を行います。詳しくはこちら