支援員のFでございます。ここ数か月新しい地区も担当しています。その中で地区によって支援内容もだいぶ変わってくることが分かりました。特に援助を受けられる身寄りがいない方は、在宅での生活が困難な方が多いことを体感しました。そこで、在宅の担当ケアマネさんと色々と話し合い一つ一つ丁寧に支援をしていった結果、契約者さまの生活が少しずつではありますが落ち着いてきました。もうこの仕事をはじめて3年になりますがやはりコツコツ支援していくことの重要性をあらためて実感しました。今後も地道な支援の積み重ねで契約者さまにとって少しでもより良い生活を維持できるよう支援していきます。