在宅での生活
 
会員様が望まれるかたちで。

「出来るだけ自宅で生活がしたい。」会員のY様。
 現在、住み慣れた自宅で介護サービスを利用し、地域の方に見守られながら生活をされています。
 長い間自治会長をされ、地域で活躍してきた方ですから、自宅で生活したいとの思いは当然です。
毎日、通所施設に通っているので不在がちですが、在宅時は今でも近所の方が訪問してくださいます。
最近、体調を崩される事が多くなられましたが、「病気の治療はしない。検査もやらない」とY様は希望されています。
今後、ご本人のご希望通り自宅で生活していくには、体調を崩された時にどうするかが問題になります。担当のケアマネジャーの方と検討した結果、今までの介護サービスを利用しながら、訪問看護、訪問診療を導入していく事に決まり、24時間対応可能となりました。

 様々なサービスを利用し、会員様のご希望に添ったかたちで、地域の方にも見守られながら生活出来るように、お手伝いを続けていきたいと思います。