支援員Aです。
高齢ながら横浜市内の団地でお一人暮らしをされている会員Bさん。
最近、地域包括支援センターの方が関わって下さったことで、お一人での生活は今後困難であることが分かりました。
今までは介護保険サービスなども利用されることなく、なんとか生活出来ていました。Bさんご自身もあまり不便を感じられていなかったようです。
でも、一人暮らしということもあり、地域包括支援センターの方が介護保険を申請され、介護保険サービスも利用出来るようになりました。
今後は小規模多機能居宅介護を利用していくことになり、訪問も毎日していただき、安否確認や服薬の確認、受診など、対応していただきます。
お話の好きな方ですので、訪問に慣れてきたらディサービス等にも通っていただき、地域の方と交流出来たら良いなと思います。
これからもBさんの状況を判断しながら、きずなの会職員としてBさんの生活を見守ってまいります。