10月18日、名古屋市平和公園内で「第26回秋の合同納骨式」が執り行われました。
豊田支局では、今年3月から8月の間に逝去された契約者さまの内、11名の方のご遺骨を納骨いたしました。
ある契約者様は、数年前に他界された奥様のご遺骨を納める場所が無いと心配されていましたが、今回の納骨式で奥様のご遺骨を納められ、「これでやっと本当の供養が出来て安心した」と目を潤ませながら言っておられたその姿に胸が熱くなり、心から良かったと思いました。また別の契約者様は、「将来、自分が入る納骨堂を見てみたい」と納骨式に参加されました。
近年のお墓事情や様々な家族関係の中で、残されたお墓やご遺骨の供養に関する問題を抱えている契約者様も増加しています。こうした問題解決にきずなの会が何らかのご支援に関われたら、と思っております。

%e5%86%99%e7%9c%9f1