先日、会員T様のケアマネジャーと大家さんから立て続けに「認知面が低下したか、あるいは精神的に難があるのでは?」と心配して電話が入ったので早速訪問しました。大家さんの心配どおり、T様の発言には違和感がありました。会員様ご本人に認知面の話を伝えるのは難しいので、「精神的に疲れているようだから、一度受診してみましょうよ。」との私の言葉に「あなたが言うのならいくわ。」と素直に受診に応じてくださいました。

後日受診すると、軽い鬱と診断され、通院することになり、現在も通院時には同行しています。

最近、ご本人様も「病院に連れて行ってもらって良かったわ!」と言って下さるようになり、大家さんや周囲の方々も安心された様子でした。

会員様ご本人、そして周囲の関係者の方々と常日ごろ連絡の取り合いで良い関係作りできているとスムーズな対応に繋がります。

今後も会員様の周囲の皆様と良い関係を保ちながら、気持ちの良い支援活動が行えるよう努力して参ります。