7月4日(水) 名古屋事務所にて事例説明会を開催しました。

始めに弁護士法人名城法律事務所の菊田弁護士より「遺言書のすすめ」~自分の想いをしっかり伝えるために~と題しお話をしていただきました。
遺言書を書く意味や書き方など詳しく説明され、自分の死後は大切な方にどのようにしてほしいのか、何を残したいのかを伝えるために、元気なうちに遺言書を書いておくことがとても大切で重要とのことでした。

後半はきずなの会 小笠原専務理事より当会の身元保証制度についてお話しました。
きずなの会の成り立ちや料金体系など、制度について実際の事例を交えて説明しました。
ご参加くださった方々からも、事例の中で出た「相続人調査の話」や「身元保証のみの契約から一般の契約への変更の可否」など具体的な質問が多く、関心の高さが強く感じられました。

あいにくの雨模様の中、ご参加くださった皆様ありがとうございました。

CIMG6007

CIMG6000