テーマ:「よく聞くお薬の疑問について ~皆さんの疑問にお答えします~」
7月15日に市民セミナーを開催しました。名古屋市薬剤師会会長の野田雄二様をお招きし、身近なお薬の疑問に関してお話をしていただきました。
 高齢者の中には複数の病気で悩み、一度に多種類の薬を服用しなければならない方が多くみえます。薬はいつ飲めばよいのか、どのような効き目があるのか、また副作用とはどういったものかなどの疑問があってもなかなか質問できない方が多いので、野田様に正しい服用の仕方について丁寧にご説明いただきました。
特に興味深かったのが、直接患者様のお宅を訪問し、服薬指導をされている野田様ならではの「服薬カレンダー」を作るとよい、というお話でした。多くの患者様が処方された薬を袋から出し、一つひとつばらばらにされているようですが、何の薬なのか、いつ出された薬なのかが分からなくなり、飲み忘れのリスクが高くなることを指摘されました。参加された会員様の中にも、同じように薬をばらばらにされている方もいらっしゃったようで、真剣に耳を傾けておられる様子が印象的でした。
 また、お薬とうまく付き合っていくためには、処方箋をもらう薬局をできるだけ一か所に決め、お薬手帳が複数ある場合はまとめること。そして疑問に思ったことは近くの薬局の薬剤師さんに直接相談すること。野田様のお言葉に会場の皆様は大きく頷いていらっしゃいました。
 今回のセミナーでは事前に会員様からお薬についての疑問を頂き、そのいくつかを取り上げて野田様からお答えいただきました。参加くださった会員様の疑問が晴れたのでしょう、安心されたご様子がみられました。
多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

nagoya_20170721-2nagoya_20170721-1